20150714-00000005-asahi-000-3-view

東京オリンピック。スタジアム、エンブレム、ユニフォーム、ことごとく躓く

私の個人的感情なんですが、ブエノスアイレスでロゲ会長が「Tokyo」と言った途端に「ウキャー!!!!!」と狂喜乱舞するアスリートや関係者たちの映像は何度見てもやっぱり腹立たしい。

私の周りで「東京に決まってウレシイ」なんて言ってる奴見たことないし、それどころか、「原発事故だって収拾できてないのに、何がオリンピックだよ」という声の方が多いんですよ実際。

それが一般的な国民の思いではないのでしょうか?

どなたかのエッセイで、「東京にオリンピックを招致するということは、マンションのトイレが詰まってあふれて、汚物をバケツに溜めてたくさん並べているアホ住人が、パーティやるからみんなでウチに来ないか?って言っているようなもんだ」というのを読んで、本当にその通りだよと思った。

東日本大震災の復興としてのオリンピックのはずが、スタジアムの建設費に税金をじゃんじゃん使い、それでもまだ足りねーぞとアスリート育成のためのお金まで使おうとしているなんて、馬鹿すぎて恥ずかしいくらい。

立派な競技場を作れば、仮設住宅で暮らしている人たちの生活は楽になるんですか? 放射能が消えるんですか?

始まりからこうやって間違っているわけだから、どんどん変な方向に進んでいくのですよ。

建設費の高騰ぶりも怪しい裏がありそうだったし、一転して白紙撤回も安保法案ゴリ押しに対するゴマカシのようで、ことごとくスッキリしないのですよ!

しかもソレに関わった、安藤忠雄氏や森元総理は謝罪どころか、被害者ヅラして居直ってるではないですか! あんたらがどれだけ世間を騒がせて、どれだけのカネをドブに捨てるようなことになったのかわかっているのか? しかも森(老害)元総理に至っては「国がたった2500億円も出せなかったのかね」などとお得意の暴言付き。これを聞いて殺意が湧いた人も多いでしょう。っていうかオリンピックの頃までご存命かどうか。普通に。

それから、森(r元総理とエンブレムのデザイナー佐野研二郎は繋がっていた? という話も浮上してますが、どうも元総理の長男(故人)とピーチジョンの野口美佳と交友関係があったみたいな話なんですね。っていうと思い出す「押尾学事件」。 あ、脱線しすぎました。

そのエンブレムのパクリ疑惑もあまりにお粗末です。とにかくこの騒動でベルギーの小さな劇場は一気に有名になったわけですが。 何しろ相手はオリンピックだし、自分たちの方がずっと先にあのデザインを使っていたのだから鼻息も荒くなりますね。 専門家が「アルファベットをモチーフにしている限り似てしまうのは仕方ない」と説得力のないフォローをしていますが、ケチがついたのはもう誰の目にも明白です。「変更しろ」と署名活動もあるようで。

そして変更といえば、悪評高い「おもてなし制服」。あれもいっそのこと変更した方がいいとの声があがっています。20150714-00000005-asahi-000-3-view

オリンピック観戦にやってきた欧米人などが、小柄な日本人がこの扮装でウロチョロしているのを見たら「こびとのくに」に来たのかと錯覚しそう。この制服がイヤでボランティア志願を断念するくらいのレベルです。

この時点ですでに「撤回」「変更」ばかりしていたら、今後どれだけのお金、エネルギー時間のムダになることか。 やっぱり最初に「オリンピック招致を撤回」してくれれば良かったのに。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です