優先席、譲らない?座らない?

images-1

朝の通勤の路線バスの中のこと。

私は最前部の二段ほど高い座席に座っていた。

そこに幼児を連れた若いママが乗ってきた。やっと歩けるくらいの子供を混んだバスの中で立たせておくわけにもいかないので、ママはよいしょと子供を抱っこした。

私のすぐ後ろには5人掛けの優先席があり、当然誰かが席を譲るだろうと思っていた。

しかし、一向にそんな気配はない。

きっと優先席も子連れ、妊婦、お年寄りで満席なのだろう。 うん、そーか、そんなら仕方ないよね。 バスが停まるタイミングを待って私が席を立たなくては。

そして次の停留所に停まり、なんと今度は赤ちゃんを抱っこしたママ2人とイクメンひとりが乗ってきた。

あとから乗ってきた3人はベビーキャリーを着けていたが、最初のママは素手で抱っこだ。 しかも乳児ではなく幼児なのでさぞかし重いだろうと、まずは彼女に座ってもらうことにした。

荷物と幼児を抱えて席についた彼女を見て、「もっと早く譲ればよかったな」と思った。

それにしても優先席のザマはなんなんだ?

5人全員若者。しかもどう見ても妊婦でも身体に支障がありそうにも見えない。

一人は爆睡、あとの4人はスマホから顔もあげない。

顔をあげたら、目の前に並んだ赤ちゃんを抱っこした3人が見えてしまうから?

「誰も譲らないからいいよね」って同調圧力でも働いているのかのよう。

でも優先席に座るからには、しかるべき時に席を譲るつもりが少しくらいあって欲しい。 それが面倒なのか、混んでいても優先席だけポッカリ空いている光景もよく見かける。

子連れやお年寄りの中には、「座らなくても大丈夫」という人も多い。 特に微妙なお年寄り? にはかえって失礼かもと思うこともある。 とある60代後半の女性が、席を譲られて「そんなトシに見られたのかしら」と憤慨していたことがあった。

だからお年寄りの場合は、乗ってきた時の足取りで判断するようにしている。

こう書くと、お前は人に席を譲るのがどれだけ生き甲斐なのか?と言われそうだが、別にそうではない。 仕事中は何時間も立ちっぱなしだし、中年過ぎてるし私だって体力を温存したい。 しかし、見るからに座った方が良さそうな人をほっといて、座り続けていられるような図太い神経がないのだ そんなの居心地が悪くてしょーがない。 それなら立ってた方がずっと気がラク。  むしろ狭い二人掛けの席に縮こまって座るなら立ってる方がいい。

 

そして、その日の帰宅のバスで。 このバスはコミュニティバスで全席優先席となっている。

いつもより混んでいて、立っている人が増えてきた。

そこに年配の婦人3人づれが乗ってきた。

無言で席を立った私、当然3人の中の一番年配そうな杖をついたご婦人が座ると思いきや、「あなた、座りなさいな」「そうさせてもらうわ」と言いながら、一番若そうなご婦人が席に。

「あれ、そうなんだ? てか、他の奴らも席立てよ〜。杖ついたおばあさんが立ってるんですけどー!」と心の叫び。

ほどなく、バスは某高齢者マンションの前に停まり3人は降りていった。 よく見たら3人とも杖をついていて、席に座ったご婦人がひときわ歩みが遅いようだった。

なるほど、見た目と身体の状態は裏腹だったりするのね。 それじゃあ、朝のスマホから顔もあげない4人はきっと視野狭窄でも患っていてスマホの画面しか視野に入らないお気の毒な病気だったのかもね。 爆睡していた一人はナルコレプシーだったのかもしれないわねー。うん、きっとそうに違いない(なわけないだろが)

 

洗濯で縮んだウールのニットを元に戻す!

新しいウールのカーディガンを暑いのに我慢して着ていたら、脇の下に大汗をかいてしまいました。

私の脇汗は人並み外れてクサイので「これは放っとくわけにいかん!」ということで、エマールで優しく手洗いをしてみました。

すると、

見事に縮んでくれました〜〜〜 

IMG_0703

今までウールのニットを手洗いして縮ませたことは殆どないというのに!

このカーディガン、前立てがリブ編みというデザイン。 そのリブ編みがギューッと4センチも縮んでしまい、それにつられて前身頃がシャーリング状態になってしまいました。

まー要するにデザイン自体が変わってしまったということですわ。

おまけになんだか薄っぺらく貧相になっている! 定価数万円のイタリア製なんですけど!

そんな高級品ならクリーニングに出せといわれそうだが、ニットは自分で手洗いした方が気持ちいいんですよー。

 

そこで、いつだったか小耳に挟んだ

「洗濯に失敗して縮んだニットはヘアトリートメントで元に戻せる」という裏ワザを実践してみることに。 いやーこれは実にやり甲斐があるぞ。

ヘアトリートメントは成分にジメチコン(アモジメチコン)が含まれているものを使うのが必須だそうです。

洗面器一杯の水に15gのヘアトリートメントを溶かして、ニットを浸して小一時間ほど。 すすぎはせずにそのまま軽く脱水して、前立てを布団バサミで引っ張りながら干しました。

IMG_0704

そして、乾いた頃には、、、

トリートメント使用前と使用後
IMG_0703IMG_0705

なんと前立てが8センチも伸びました! って元より4センチ長くなっちまった。

若干やりすぎた感もありますが、今後は干し方で調節できるでしょう。

しかも着てみたら、コレはコレで悪くない丈だったので良しとします。

さらに、トリートメント仕上げの嬉しいおまけとして、縮んだ時は貧相な風合いだったカーディガンがふんわりカシミヤのような感触になって着心地もすこぶる良くなったということ。

この洗い方でこれからもいくぞ!

加齢臭、ミドル脂臭、そんな言葉があるのは日本だけ?

PAK92_tsuukinrash20150107071516_TP_V1

清々しい秋晴れの朝、遊歩道を気持ちよく歩いていると

後ろからランニング中の男性が私の横を通り過ぎた。

その直後に

「うわ、臭っ!!!!!」

思わず顔をしかめるレベル。 その男性は後ろからみても30代後半くらい。 まだ加齢臭という年頃でもなさそうなのに、なんなんだこの異臭は。

彼の走った跡がまたずーっとクサイ。

この残り香を吸わされながら歩かなきゃいかんという、清々しい朝も台無しだ。

彼の家族は何も言わないのか? それとも鼻が慣れてしまい麻痺しているのか?

同僚はさぞキツイだろうな、とか余計な心配をしてしまう。

私の職場に出入りしている業者にもひとり、この類の臭いを発する人物がいる。

彼も30代後半くらいで、最初は気にならなかったが最近になって

「この人なんかクサイ」と思うようになった。

 

これが「ミドル脂臭」ってやつなのか。

 

子供の頃、玄関のドアを開けると瞬時に父親(30代)が家にいるかいないかがすぐわかった。 だってクサイから。 タバコとポマードが混ざったようなニオイ。

そういえばかつての勤め先の某百貨店のフロアマネジャーも、わかりやすいニオイを発していた。彼が近づいてくると姿より先にニオイで感づくので、用事がある時などちょっと便利だったw

加齢臭より脂っぽくて酸化したようなニオイ。

スーパーなんかに行くと、女の人でもこれに似たニオイを発散させている人がいる。ダンナの移り香なのだろうか? もう、家中にこのニオイが充満しているのだろうか?

そういえば、勤め先に独特の匂いを発する人がいた。 何ていうか、子供の頃によく遊びに行った友達の家の匂いに似ていた。 そしてほどなく、古い木造家屋に住んでいたその人は新築の鉄筋コンクリートのアパートに引っ越した。

私はしばらくして気がついた。彼女からあの独特な匂いはしなくなっていた。

もしかしたら私は、子供の頃に嗅ぎ慣れていた匂いに反応しているのだろうか?

自分が腋臭体質なので自分を含めて人が発する匂い全般が気になるのか?

 

一ヶ月半、ヨーロッパを旅行して日本に帰ってきたその日、駅の雑踏の中で加齢臭が鼻をよぎった。

「あ、なんか久しぶり」

そういえば海外で加齢臭やミドル脂臭って嗅ぐことないような。 大体こんな言葉、日本語しかないだろう。 いや、日本でも新語だし。

日本人は体臭があまりない民族だなんてウソだ。 いや、体臭というより身体に染み付いた生活臭なのかも。