汚部屋からの脱出〜片付けられない人たちへ

テレビでよく目にする「ゴミ屋敷」。 フツーに見たところタダのガラクタとしか思えないのに「財産だ!」と言い張り、乱雑に放ってあるようにしか見えないのに、「大事に保管している!」と言い張る、そして大概、その主は高齢者だ。

かくいう私自身「20年くらいしたら、ああなりそうだな」と思ったりする。

もしも、急に友人が訪ねてきてすぐ部屋に通せるかどうか?  無理無理、絶対ムリ! だって汚部屋なんだもーん。

例えば、通販で配送されてきた商品の箱に入っている緩衝材。(プチプチとか丸めた紙とか)あれがどーしても捨てられない。 ちょっとした作業に敷物として役立つし、特にビニールにエアーが充填されたクッション材が6~8個連結したヤツなんか、バスピローとしてかなり具合がいいので大歓迎だ。 剥がしたラベルやガムテープにまだ粘着力が残っていればすかさず、床のホコリや細かいゴミなどを吸着させてから捨てる。 DMや広告などの紙も裏が白紙ならメモ用紙にするし、両面印刷されていれば箱の形に折って生ゴミを入れてそのまま捨てられて便利だ。

好きな言葉は何ですか? と聞かれたら「使い回し」とか「再利用」と答えてしまいそうな勢いだ。 ああ、保冷剤もしかり、ですな(w

要するに、「捨てない」ということは「いつか使うかもしれない」と思ってしまうからなのだ。 でも、いちいち理由をつけて取っておくと、どうしても積もり積もっていく。

私の場合、引っ越し好きという性分が幸いし、引っ越しのたび否応なく処分に迫られてきたので、なんとかリセットできていた。 しかし、今となっては若い頃と違って1,2年で引っ越すなんてエネルギーはない。 ズルズルと2,3度更新してしまい、ゴミも溜まっていく。 そりゃもうその頃になると収拾がつかないくらいなことになっているのだ。

数年前、心を鬼にして必要最小限のものだけ引っ越し屋に運んでもらい、そのあと部屋に置き去りにしたものを処分する、という方法をとった。 すぐ近所に引っ越したので毎日、仕事を終えてからゴミ処理のために通った。 「やっぱり捨てられないや」と新居に運んだモノも結構あったが、それでも45リットルゴミ袋50個分くらいは捨てることが出来た。

現在の部屋に居住すること6年あまり。 性懲りもなく再び汚部屋が形成されつつある。 私の部屋の場合、特に汚部屋の温床となっているのがロフトベッドである。 狭い空間を2倍に活用しようと導入したものだが、 ロフトの下部分はあれよあれよという間にジャングル化していくし、あの高さがハンガーなど引っ掛けるのに最適で、もうロフトベッドだか物置の上に寝ているのかわからないほどに。 いや、これは部屋の中に鎮座するホームレス小屋という表現の方が近いか。

IMG_0621今、ふと横を向いてロフトベッドの惨状を撮影してみた。 ええ、かろうじて床に空間はあります。 だってなんでもベッドにぶら下げてしまうから。

このザマからなんとか脱出したい。 山のようにある洋服と数えきれない靴から処分しようと思っている。 そして自分に課した鉄則は、可燃ごみの日、不燃ごみの日には必ず服、靴、アクセサリー、使わない道具類をなにかしら捨てる、資源ごみの日には書籍を処分する。 

まずはこんなことから始めてみよう。と決意した次第である。

 

 

 

 

 

東京オリンピック。スタジアム、エンブレム、ユニフォーム、ことごとく躓く

私の個人的感情なんですが、ブエノスアイレスでロゲ会長が「Tokyo」と言った途端に「ウキャー!!!!!」と狂喜乱舞するアスリートや関係者たちの映像は何度見てもやっぱり腹立たしい。

私の周りで「東京に決まってウレシイ」なんて言ってる奴見たことないし、それどころか、「原発事故だって収拾できてないのに、何がオリンピックだよ」という声の方が多いんですよ実際。

それが一般的な国民の思いではないのでしょうか?

どなたかのエッセイで、「東京にオリンピックを招致するということは、マンションのトイレが詰まってあふれて、汚物をバケツに溜めてたくさん並べているアホ住人が、パーティやるからみんなでウチに来ないか?って言っているようなもんだ」というのを読んで、本当にその通りだよと思った。

東日本大震災の復興としてのオリンピックのはずが、スタジアムの建設費に税金をじゃんじゃん使い、それでもまだ足りねーぞとアスリート育成のためのお金まで使おうとしているなんて、馬鹿すぎて恥ずかしいくらい。

立派な競技場を作れば、仮設住宅で暮らしている人たちの生活は楽になるんですか? 放射能が消えるんですか?

始まりからこうやって間違っているわけだから、どんどん変な方向に進んでいくのですよ。

建設費の高騰ぶりも怪しい裏がありそうだったし、一転して白紙撤回も安保法案ゴリ押しに対するゴマカシのようで、ことごとくスッキリしないのですよ!

しかもソレに関わった、安藤忠雄氏や森元総理は謝罪どころか、被害者ヅラして居直ってるではないですか! あんたらがどれだけ世間を騒がせて、どれだけのカネをドブに捨てるようなことになったのかわかっているのか? しかも森(老害)元総理に至っては「国がたった2500億円も出せなかったのかね」などとお得意の暴言付き。これを聞いて殺意が湧いた人も多いでしょう。っていうかオリンピックの頃までご存命かどうか。普通に。

それから、森(r元総理とエンブレムのデザイナー佐野研二郎は繋がっていた? という話も浮上してますが、どうも元総理の長男(故人)とピーチジョンの野口美佳と交友関係があったみたいな話なんですね。っていうと思い出す「押尾学事件」。 あ、脱線しすぎました。

そのエンブレムのパクリ疑惑もあまりにお粗末です。とにかくこの騒動でベルギーの小さな劇場は一気に有名になったわけですが。 何しろ相手はオリンピックだし、自分たちの方がずっと先にあのデザインを使っていたのだから鼻息も荒くなりますね。 専門家が「アルファベットをモチーフにしている限り似てしまうのは仕方ない」と説得力のないフォローをしていますが、ケチがついたのはもう誰の目にも明白です。「変更しろ」と署名活動もあるようで。

そして変更といえば、悪評高い「おもてなし制服」。あれもいっそのこと変更した方がいいとの声があがっています。20150714-00000005-asahi-000-3-view

オリンピック観戦にやってきた欧米人などが、小柄な日本人がこの扮装でウロチョロしているのを見たら「こびとのくに」に来たのかと錯覚しそう。この制服がイヤでボランティア志願を断念するくらいのレベルです。

この時点ですでに「撤回」「変更」ばかりしていたら、今後どれだけのお金、エネルギー時間のムダになることか。 やっぱり最初に「オリンピック招致を撤回」してくれれば良かったのに。

 

 

ネットでカード決済の落とし穴に、落ちた

 

前回のブログを書きながら思い出してしまった半年前のトラブル。

しつこいかもしれないが、ついでに書いてしまおうと思う。

あの時は注文確定ボタンをクリックしたら、

「ご注文ありがとうございました」のかわりに

「回線が混雑しております。お問い合わせフォームより決済状況をご確認ください」」という、なんともイヤーなメッセージ画面が出たのだった。

カード情報のデータを送信したのに混雑が解消されるまでのんびり待てるはずもなく、しかも決済状況の確認が必要とは?

注文確定メールも当然来ていない。

 

あいにくその日は金曜日の夜。サポートセンターは月曜まで繋がらない。

仕方なく、クレジットカードのオンライン明細を確認するとなんと、

しっかり請求が来てる!

 

まったくアタマにくる状況だ!

どうやったらこんな手違いが起こるのか?

私の注文はどこへ消えてしまったのか?

 

そしてお問い合わせフォームの回答までイライラと3日も待たされた挙句、

「ご注文履歴がありません」

との返事。

カネだけとって注文は知らねーよと?

 

もう、悠長に「問い合わせフォーム」なんか使ってられるか!

電話じゃ電話! 電凸じゃ!

 

鼻息荒く電凸してやった。「インフォ◯ップ」に。

「カード請求来とるでゴルアー」(後半は心の叫び)

てっきり平謝りしてくるかと思いきや、

「その請求書のキャプチャ画像送ってください」

とシレッと言われた。

 

「なんでこんな苦労を強いられるのか?」と苛まれながらも

カード請求のオンライン明細のスクリーンショットを撮って、送信した。

すると、「インフォ▶︎ップ」からこんな返信が。

「個人情報の関係上、こちらではこれ以上お調べできません」

は? バカにしてるのか?

 

今度は「NTTスマートトレード」という会社に問い合わせろ」という。

どうやら、その会社が決済代行をしているらしい。なんとややこしいことか。

 

たらいまわしにされている感に耐えながらも、

NTTスマートトレードに電話した。

ここでようやく、注文がエラーになったにもかかわらず、

決済だけがあがってしまったいう確認がとれた。

土日をはさんだおかげで4日もかかってカタがついた。

メールや電話のやりとりは、計10回くらいしたと思う。

 

お金払ったのに、商品が受け取れない被害者は私だ。

その上、こんな面倒まで強いられたのは本当に不愉快極まりなかった。

 

そんな半年前の苦労がいまだ生々しい。

今まで何百回もネット上で買い物をしてきて、海外通販だってなんのトラブルもなく出来ているのに、どーして「インフォ✖︎ップ」だけ2度も決済エラー起こすのか?

出来れば二度と利用したくないのだけれど、選択肢が他にない場合が多くて困っている。

 

 

 

 

 

 

 

ネットでカード決済の落とし穴に、落ちそうになった

今までネット上でカード決済をするのが不安だ、と思ったことはなかった。

しかし先日、面倒が起きた。 実は同じようなことが半年前にもあった。

その時も同じサイトでカード決済をしようとした時だった。

同じサイトで2度までも!

そのサイトは、ソフトのダウンロード販売をしている大手で、決済が確認されると、会員ページより購入したソフトのダウンロードが出来るようになる。

クレジットカード情報を全部入力して、最後に注文確定ボタンを押したところで、画面がこのように変わった。

「接続が切れました」

え~~~~

しばらく時間をおいて再試行しろ、というのでブラウザの「戻る」ボタンを押してみたら、カード情報入力画面に戻った。

私が入力したまんま残っているので、やはり情報は送信されなかったようだ。

今度は違うカードでやってみた。(これがさらに面倒を生むことになる)

しかし、またもや注文確定ボタンをポチッたところで

「接続が切れました」

もー私が切れるわ!

半年前もさんざん面倒クサイ思いをしたのに、またかよ!

今日は日曜日、サポートセンターは明日まで繋がらない。問い合わせフォームだけでも送信しておこうかと考えながら、もう一度例の「接続が切れました」の詳細を確認しようと呼び出してみたら、なんと、、

「ご注文ありがとうございました。会員ページよりダウンロードしてください」

に切り替わっているではないの! 接続が切れたというのにこれはセキュリティ上まずくないのか?

はたして会員ページを見ると、購入履歴がない。もちろんダウンロードボタンも生成されていない。注文確定メールも来ていないのないないづくし。

ということは、やっぱり注文も決済も発生していないということでチャンチャンと済ませたいのだが、ヘタに「注文完了画面」が出てきたのがどーにも気になる。

私の注文データはどこで止まってしまったのか?

半年前のようにカード会社にはデータがまわり、販売サイトにはデータが届いていないということになっているかも?

クレジットカードのオンライン明細を確認してみると、利用履歴は反映されていない。念のため日曜日でもオペレーターが親切に対応してくれる電話確認もした。カードを変えてやり直したため、2社のカード会社に確認するはめに(泣)

結局クレジットカード会社には請求がまわっていないことがわかった。

しかし、この販売サイトは面倒なことに、決済代行会社を仲介させているのだ。だからその決済代行会社にデータが廻っていれば、いずれそこからカード会社に請求が廻る。だからまだ安心できないということ。

翌日、思ったとおり販売サイトから「決済代行会社に確認してみてください」との返答が。しかも2社。

2社の決済代行会社に2社のカード会社の利用履歴を問い合わせる、この期に及んでまた鬼のように面倒だ。

結局、決済代行会社にもデータが送られていなかったようで、これで請求だけが発生する心配はなくなった。やれやれ。

しかし、販売サイトの方に結果報告したところ、

「弊社外の決済システムをご利用になっていませんか?」

という返答がきた。

どーゆー意味? あんたのサイトで決済しようとしたのに、どーやったら他の決済システム使えるの?

注文完了画面が出たのはアンタんとこのエラー表示だったってことでしょ? 潔く認めやがれ!

あーもう疲れた。誰も悪くはないんだけど、こういう事が起きると、個人情報がからむから、販売サイトは何も手をだせない。全部自分で調べて確認するしかない。

Eコマースは便利だけど、こういうことはもう経験したくない。

ちなみに、半年前の悲劇はこちらから読めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ADHD、自分もかつてそんな子どもだったような気が…

自分は ADHD(注意欠陥多動性障害)だったかもしれないと思う人は多いのではないだろうか?

私も、物心ついてから小学校の低学年時までは、そんな子供だった。

幼稚園の「お遊戯」「体操」などで、ひとりだけ全く違う動きをしていた(親から聞いた)

絵を描いたり、何かつくったりするときも、先生の話なんて聞いてないから、ひとりだけ違うものを描いたり、何も描いてなかったりして、あとで親から怒られていた。

そもそも、別の幼稚園の面接に落ちている。
面接の先生に質問されたことに対してどんなアホな答え方をしたかは、うすぼんやりと憶えている。

でも、まったくのおバカだったというわけでもない、と思う。

幼稚園に通う前には、家電メーカーのマークを覚えては、よそのお宅にある冷蔵庫やテレビを指さし、「これは日立!」「東芝のテレビ!」と言い当てる特技があったという。(本人は幼すぎて記憶にない)

ひらがな、カタカナなども覚えるのが早く、本もたくさん読んでいた。

そのわりに、注意力散漫は小学生になっても続いた。

授業中、先生の話を聞いていないから、

「では今から書いてみましょう、さあ、はじめ!」

なんて言われて、一斉にまわりの子供たちがノートに何か書き始めるのを見て、

「え?何を?」「今何やってるの?」

ということばかり。

さすがに自分でも、あまりにドンくさいんじゃないかと気付いてはいたし、

コンプレックスにもなっていた、ような気がする。

でも、悩んだり深刻になったりはしなかった。

こどもが40人も集まっていれば、もっと強烈なこどもが、たくさんいるものだ。

しょーもないことにもすぐ反応して、大泣きする子やら、

どういうわけか、手癖の悪い子やら、

他人を否応なしに巻き込むタイプのこどもは、やはり俄然存在感が違う。

先生は手を焼いているし、クラスメイトたちの白い目を集めている。

そんな子たちと較べれば、自分なんか大したことない、と安心していた。

ふてくされて授業を放棄して、校庭をフラフラしていた自分が言うのもなんだが。

そのうち自分が劣っているところは、別のところでカバーするという術もなんとなく身につけていった。

そうやってだんだんと、フツーのこどもになっていったのである。

ADHDぽくないが、子供の頃は自分の机などはいつもきちんと整理整頓していた。

そこだけは、少し神経質なくらいで、きれいに仕舞ったはずなのに何度も確かめてみないと気が済まないくらいだった。

逆に今は片付けられない大人となり、テーブルや棚のグチャグチャぶりに自分で唖然とするくらいである(苦笑)

保冷剤の意外な再利用法とは

要冷蔵の食品を買うとサービスでつけてくれる保冷剤。

あれって冷凍庫で冷やせばまた使えるからと、何となく捨てずにとっておくのだが、

家から冷えたものを持ち出すことは、あまりない。

なので、保冷剤が山のようにたまってしまった。

必要ない時はちゃんと断っているのに、このザマはなんだ。

IMG_0570-2

しかし、某テレビ番組でやっていた「保冷剤の活用法」は

きっと、この山を切り崩していくに違いない!

 

さっそく活用してみよう。 それは至って簡単。

保冷剤の袋を開けて、中のジェル状のものを

カラになったデザート容器などに入れてラップして輪ゴムでもかけて、

ラップの表面に穴を開ければ、消臭剤として再利用デキるのだ!

 

テイクアウトデリのカップに入れてみた。

IMG_0572

 

フタにキリで無数に穴をあけて完成。

このジェルに絵の具で色をつけようとアロマオイルを垂らそうと自由。

オリジナルの消臭芳香剤の出来上がり。

一週間ほど効力が続くそうだ。

 

豆乳と玄米で手作りヨーグルト

思うところがあって、牛乳を飲まなくなった。

かといって豆乳はやはり牛乳とは別物なので、なんとなく妥協しながら利用するにすぎなかった。

でも、豆乳ヨーグルトのスムージーなら結構イケることを発見。

かくして、今まで朝はエスプレッソを淹れてカフェラテにしていたのが、

めでたく豆乳ヨーグルトスムージーに完全シフトすることに。

とはいっても以前、カスピ海ヨーグルトの種菌をもらってせっせとヨーグルトを作っていたのだが、

だんだん面倒になり、結局種菌をダメにしてしまった。

だから、この豆乳ヨーグルトもいつまで続くかな?ww

たまたま、寝かせ玄米を常食しているので

ネット上で見た豆乳と玄米でつくるヨーグルトなるものに興味をもち、試しにやってみた。

200ccの豆乳に、玄米を洗わずに大さじ一杯ほど加えて人肌くらいに加熱。

小さじ一杯の砂糖(乳酸菌のエサとなる)を加えて、スープジャーに注ぎ保温。

蓋を少しずらして暖かい場所に置いておく。

半日から一日くらいで固まる。

特別な種菌も、ヨーグルトメーカーも不要。

最初は市販のプレーンヨーグルトよりもユルユルで

こんなものかと多少不満だったのだが

豆乳によって出来ばえが違うことに気づいた。

「TOPVALUの有機大豆100%豆乳」でつくると、サラリとしたクセのない仕上がり。

ソフトなテクスチャーで大豆臭さもほとんど感じないので、かなりヨーグルト向きかもしれない。

「茂蔵の無調整濃厚豆乳」でつくると、こりゃもう豆腐じゃねーか!というくらい、ハードに固まる。

しかもこの豆乳、衝撃のビニール袋入りで1リットル税込み108円(安っ)

出来たヨーグルトはもう、容器を真横にしてもビクともしないハードさ。

この豆乳で種菌がマッチョになってしまったのか、このあと「スジャータ有機豆乳」でつくっても同じような仕上がりになった。

しかも、なんと仕込んでから5時間くらいで固まってしまう。

実は出来たヨーグルトの上澄み(ホエー)を使ってリサイクル?していくと、とっても固まりやすくなるのだ!

最初に作ったときはヨーグルトに混ざった玄米が邪魔だったけど、ホエーならばそんなこともなく実に具合がいい。

このヨーグルトにバナナやりんご、冷凍のミックスベリー、蜂蜜など投入してミキサーでガーッとやってます。

酵素玄米の作り方って何だか面倒くさそうと思っていませんか?

芸能人もハマっているという健康食、酵素玄米。 寝かせ玄米ともいうらしい。

なんと、炊いてから3日間寝かせて熟成させるからだ。

私は特に健康オタクではないが、玄米の「びっくり炊き」に挑戦しようとして、パルシステムのコアフード玄米を(奮発して)買ったのだが、全然おいしく出来なくて、せっかくのこの玄米をどうしよう?

というところから、行き当たったのがこの炊き方。

しかも、デトックス効果バツグンだそうだ。

私の酵素玄米の作り方はこんな感じ。

玄米を2カップと4分の3、小豆を4分の1(全部で3カップ)を、水道水で軽くすすぐ。

そこに天然塩を小さじ1杯くわえて、ミネラルウォーターを注ぎ、炊飯器の目盛り3,5合に合わせる。

ホイッパーで時計回りに8分間撹拌する。

すると白く濁ってくるので、(この水は絶対捨てないで)

そのまま炊飯器の玄米モードで炊く。

IMG_0442

炊きあがりの玄米の様子。 我慢できなければ、このまますぐ食べてもOK!

でも、ここから熟成させるのが酵素玄米なので、気長にいきましょう。

炊飯器の保温モードで3日間放置する。 一日一回、しっかり混ぜて空気を入れるのも忘れずに。

なにーっ 3日も保温したゴハンなんて、食えたもんじゃないわい!

と、フツーは思うはず。

ところが、日が経つにつれてモッチリ美味しくなるから不思議。

コイツが炊飯器を3日も独占するので、一度に3合炊いておくと一人暮らしのサイクルとして丁度いい。

IMG_0447

そして、3日経ち。

なんか凝縮されたような感じになってますな。

シリコン容器に小分けして冷蔵庫に入れて、食べる時は湯煎で温める。

3日くらいなら、冷凍の必要がないのもイイ。

もちろん最初は電子レンジで温め直していたのだが、電子レンジを使うと酵素が失われてしまう?という記事を読んで慌てて湯煎方法にチェンジした。

湯煎酵素玄米はお弁当に持っていくと、時間が経ってもしっとりしてて、そりゃー美味ですぞ。

私はかなりのズボラ女だし、飽きっぽいのでこんな面倒くさいもの、続くわけがないと思っていた。

しかし、半年近く続いている。

しかも「やっぱり白メシが死ぬほど喰いたいんじゃ~!」なんて発作も起きない。

それじゃ、どんだけ健康になったのよ? 痩せたのかよ? と、聞かれそうだ。

えーと、全然痩せてません(w)

でも、ある日ふと血圧が下がっていることに気がついた。

平常時なのに下が90越えなんてザラ、なんて高血圧女だったけど、今や下が70を切ることが多くなった。

「あれ、なんで血圧下がったのかな? 血圧計壊れた?」

なんて、特に酵素玄米とは結びつかなかったけど、調べてみたらちゃんと酵素玄米には血圧を下げる効能があるのだった。すごい。

ちなみに炊く前にホイッパーで時計回りに撹拌するのは、右回りというのは「良い気」を取り込むためだとか。

8分間というのも、そのくらい撹拌すれば玄米の表面に傷がつき浸水しやすくなるということらしい。

その目安としての8分だが、まさに「∞」インフィニティシンボルにも通じてなんだか神秘的だ。